Google+
インビスタの株主 - コーク・インダストリーズ社

インビスタはコーク・インダストリーズ社の完全独立子会社です。デュポン テキスタイル アンド インテリア社)は、汎用・特殊ポリエステル繊維、ポリマー、中間体メーカーであるコーサ社と統合しました。コーサ社は、1998年からコーク社の関連会社です。

コーク・インダストリーズ社は世界最大級の株式非公開の会社で、基本的に家族経営企業であり、誠実さ、謙虚さ、そして長期的な真の価値を社会へ提供したいという願いなどの価値観に立脚しています。米国ではおよそ60,000人、世界のおよそ60カ国で約100,000人の社員を雇用しています。

コーク・インダストリーズ社は株式非公開の会社であるため、財務諸表やその他の財務データは公開されていません。ただし、1960年以来、配当を再投資したと仮定すると、スタンダード&プアーズ500銘柄指数で企業価値は160倍になりました。同様に仮定すると、同時期に会社の帳簿価額は4,600倍以上に増加しています。

コーク・インダストリーズ社の資金力の維持に貢献しているのが、利益の90%を再投資するという株主が長年にわたり採用している方針です。2003年以降、コーク社の関連会社は800億ドル以上の買収と投資、および固定資産投資を行っています。

その独自の Market-Based Management℠企業理念 によって、コーク・インダストリーズ社の長年にわたる成長および成功は一層加速しました。